フラット35は融資の条件が厳しいの?

フラット35は融資の条件が厳しい?今後、自分の家を建てるために準備されている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。
両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。
この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。
この他にも受ける年齢や値段によって細かな規定があるので、滞りなく返済を済ませるためにいくつかケースを考えましょう。
口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンフラット35は最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく行われます。
審査結果が出るのは約1週間後です。
結果は電話もしくは口頭で伝えられます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
たいていの場合、数十万?数百万単位の金額が指示される様です。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている新生銀行や楽天銀行提供しているフラット35です。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ審査が少し変わっています。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
また、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

フラット35の種類は?35Sで金利優遇! 【長期優良住宅支援制度】